クレジットカード現金化で挙げられる複数のリスクについて

クレジットカードのショッピング枠を現金にするクレジットカード現金化のリスクの一つが、カード会社の利用規約違反になることです。
クレジットカードのショッピング枠を現金化するという行為は、多重債務に繋がるのでカード会社から禁止されています。
例えば、50万円の商品をクレジットカードで購入して買取店で40万円で売却したとすると、後でカード会社に50万円払う必要があるので借金が10万円増えます。
クレジットカードで購入した商品は代金を完済するまでカード会社に所有権があるので、転売が認められるのは代金を完済した後になります。
また、カード会社の利用規約違反になるクレジットカード現金化にはカードが使えなくなるというリスクがあります。
カード会社はカード保有者の買い物履歴を常にチェックしています。
二つ以上は必要のないものや換金率の高いものを大量に購入したり、定期的に換金率が高い商品を買い続けたりする場合はカード会社が転売を疑います。
このような行為が続く場合は本人への注意喚起のためにカード利用停止になる可能性があり、利用再開されても繰り返す場合は強制退会になることもあります。
また、クレジットカード現金化を行うと、自己破産を申請したときに裁判所からの免責が不許可になるというリスクがあります。
例えば浪費やギャンブルを目的とした借金は、自己破産の申し立てをしても借金を免除されないという免責不許可事由に該当します。
換金目的でクレジットカードを利用した金券の売買行為も免責不許可事由になると法律で定められています。
免責不許可事由になることを防ぐためには、現金化業者に依頼した方が良いです。

現金化業者に依頼する際はこちらを参考に:評判の高いネオギフト


タグ :